生活費を把握したら貯金が貯まる!?一人暮らしのための3つのステップ

piggy bank

あなたは一人暮らしをはじめてから生活費を細かく分析したことがありますか?

生活費についてあまり意識せずに過ごしていると、いつの間にか通帳の残高が減っている!?なんてことになってしまいます。 億万長者でもない限り、好きな物を好きなだけ買ってもお金の心配がいらないということはないでしょう。少なくとも私はそうです(涙)。。

少しでも懐に余裕を持たせるために、まずは一人暮らしに必要な生活費を正確に把握することからはじめましょう!すると、自然と日々の消費をコントロールができ、将来のための貯金をザクザク貯めることができるでしょう。




生活費を把握したら貯金が貯まる!?一人暮らしのための3つのステップ

ステップ1 まずは生活費の性質を理解しよう!


さあ、生活費を節約して貯金をしよう!と意気込んだもの、三日坊主に終わったという経験はありませんか?

一人暮らしも家庭と同じように、まずは生活費をやりくりするための公式を知っておく必要があります。しかし、決して難しく考えることはなく、節約の公式はダイエットと同じようなもので至ってシンプルです。

ダイエットでは、消費カロリー>摂取カロリー ⇒痩せる という公式が成り立つように、

節約でも 収入>支出 ⇒ 貯金↑という公式が成り立ちます。

ほら、単純ですよね。 けど、問題は「わかっているけどできない」ということです。 ダイエットでは、「食べなければ良いとわかっていても、いつのまにか食べてしまっている」 ということがあります。節約も同じく、「お金を使わなければいいけど、いつのまにか使ってしまっている。」という事が起るのです。 この「いつのまにか」を無くすために、何にどのくらいお金を使っているのか?、つまり生活費の内訳を把握することからはじめる必要があります。

そうすれば、「節約しているのになぜかお金が貯まらないなー」なんてことはないはずです。(「運動しているのに痩せないなー。」なんてことはないのです。それ以前にあなたは食べ過ぎです!!)
把握しなければならない一人暮らしの生活費には以下のようなものが含まれます。

家賃、食費、水道・光熱費、交通・通信代、生活用品、保険医療費、娯楽・交際費です。

あなたは、どこからの出費が多いと思いますか?

ステップ2 一人暮らしでも家計簿をつける習慣を身につけよう!


ステップ1で一人暮らしに必要な生活費を正確に把握することが、大切だということがわかりました。では、どうすれば正確に生活費を把握する事ができるのでしょうか?

ドラえもんに道具を出してもらう必要もありません。ずばり、家計簿をつけます。
そんなおばさん臭いことしたくない!、と思うかもしれないですが、これがけっこイイんです。 面倒くさそう〜と感じるかもしれませんが、大丈夫です!近年は便利なスマートフォンアプリがあるのでそれらをスマートに活用しましょう。

スマホアプリを使って家計簿をつける便利な理由

  • 30秒もあれば記録できる
  • 電車やレストランなどどこでも記録できる
  • 記録漏れが少なくなる
  • 家計簿をつける習慣が簡単に身につく
  • レシートが溜まらない
  • 自動的に計算してくれる
  • グラフにて集計表示される

ステップ3 一人暮らしで使っている生活費を自己診断して貯金を増やそう!


家計簿をつけて、自身の一人暮らしの収支を数字化できましたか?
それでは、次は生活費を客観的に自己診断して、いよいよ貯金を貯めましょう。 自分ではあまりお金を使っていないと自覚が無くとも、他人から見たら使い過ぎていることも意外と多いものです。

限られた生活費で一人暮らしをするということは、自分の会社を経営するようなものです。 会計士が会社経営の収支を細かく分析する様に、一人暮らしで使う生活費の収支も客観的に評価しなければなりません。
さもなければ、支出>収入⇒赤字となってしまいます。

理想的な一人暮らしの生活費の内訳は以下のようになっています。もちろん、学生か社会人か、都道府県、性別、年齢で大きく異なり、個人差が出るかと思います。あくまでも参考程度に考えて下さい。

一人暮らしの生活費

お金を比較的多く使っている項目を一つでも見つける事ができましたか?そこにターゲットを絞ってさあ節約しましょう。固定費を削減するのは難しいかもしれないので、変動費を中心に節約しましょう。

これだけの作業ですが、把握するだけで大きく消費行動に変化が生まれます。把握する!というのが大事なポイントです。きっともうすでに、商品を買うとき一回立ち止まって考える、新しいあなたに生まれ変わっていることでしょう!

まとめ


生活費を把握したら貯金が貯まる!?一人暮らしのための3つのステップ

ステップ1 まずは生活費の性質を理解しよう!
ステップ2 家計簿をつける習慣を身につけよう!
ステップ3 一般的な生活費と比較して自己診断して貯金を溜めよう!

あとがき


長々とお読みいただきありがとうございましたm(__)m

一人暮らしは自由で楽しいものですが、縛られて困るものが生活費。
思っている以上に、生活費ってかかるんですよね。
その上、お金をきちんと管理するのも以外と難しい…

そういや、よく月末に「金欠!やべっ!」ってなってる友人いましたわ。
彼女は一日中家に引きこもって、一日一食生活してましたわ。
イヤでも痩せちゃいますわ。
「まさか親に仕送りの催促の電話なんかできんし」って言ってましたわ。

お金のご利用は計画的に!

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。