六本木に通勤する一人暮らしの人が住みたい場所5選

日本屈指の繁華街として発展してきた、港区六本木。近年では再開発が進み、六本木ヒルズや泉ガーデンタワー、東京ミッドタウンといったオフィスビルに国内外の企業が集まる一大ビジネス街としても成長を遂げました。そんな六本木にこれからお勤め予定の方、すでに勤務されていてお引越しをお考えの方に「六本木駅」「六本木一丁目駅」への通勤に便利な人気のエリアをご紹介します!



1. 六本木へのアクセス抜群!一人暮らしもより便利になる街「東中野」


平均家賃 路線名 通勤時間 通勤代
1R 7.30万円 都営大江戸線
出発:東中野駅
到着:六本木駅
18分 210円

※参考資料:日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME’S

六本木までは乗り換えなしで18分。時間を有効に使いたい一人暮らしの方におすすめ!都心に近い利便性を持ちながら、駅から少し離れると静かで落ち着いた住宅街が広がります。駅周辺には昔ながらの生活に密着した商店街もあり庶民的な雰囲気も残しつつ、近年は駅前の再開発で複合施設「ユニゾンモール」や駅ビル「アトレヴィ東中野」がオープンし便利な暮らしやすい街へと変化しています。

  • 中央総武線で新宿まで2駅、東西線の落合駅も徒歩圏内で3駅利用可能
  • スーパーやドラックストア、コンビニが駅周辺に揃っているので会社帰りの買い物にとっても便利
  • 多岐にわたるジャンルの飲食店が充実。深夜1時まで営業しているスーパーもあり、自炊派にも外食派にもうれしい
  • 公園もあり自然豊かな住環境。線路沿いや神田川沿いは桜並木が広がる桜の名所

抜群の利便性を誇る東中野は六本木への通勤はもちろん、休日もアクティブにお出かけしたい一人暮らしの方におすすめです。

2.東京一のアーケード街がある、一人暮らしに嬉しい「武蔵小山」


平均家賃  路線名 通勤時間 通勤代(IC利用)
 1R 7.60万円 東急目黒線 (南北線直通を利用の場合)
出発:武蔵小山駅
到着:六本木一丁目駅
12分  289円


※参考資料:日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME’S

南北線直通なら乗り換えなしで六本木まで通勤できます。住みやすさで一人暮らしからファミリーまで幅広い年代の方に愛されているそうです。最大の魅力はなんといっても都内最長800mのアーケード街に250店舗ものお店が軒を連ねる「パルム商店街」。さまざまなお店が揃っているので物価が安く、週末もたくさんのお客さんで賑わっています。都心に近いため夜遅くまで営業している飲食店が多いのも助かりますね。

  • なんでも揃う活気あふれる「パルム商店街」。そのうえスーパーも充実!
  • 駅前の賑わいを離れると落ち着いた住宅街で、人気のある東急線沿いながら少しのんびりとした雰囲気
  • 広い敷地内にめずらしい樹木がたくさんある「林試の森公園」。運がよければカワセミが見られるかも

新しいお店もどんどんオープンしているので、六本木に通うおしゃれな女性も一人暮らしが楽しめるおすすめの街です。

3.一人暮らしの方にオススメ!遊ぶにも暮らすにも楽しい街、「中目黒」


平均家賃 路線名 通勤時間 通勤代(IC利用)
1R 12.62万円 日比谷線
出発:中目黒駅
到着:六本木駅
9分 165円

※参考資料:日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME’S

六本木までたった9分の中目黒は、住みたい街ランキングでも常に上位の一人暮らしの方に人気の高いエリアです。すてきな街並みにおしゃれなショップやカフェ、魅力的で個性的な中目黒は一度は住んでみたい憧れの街ですよね。おしゃれなイメージの強い中目黒ですが、実は庶民的な商店街や飲食店も多く、目黒川沿いの自然も豊かで住みやすさにも定評のある街なんです。日比谷線の始発駅なので座って通勤できます!

  • 駅の近くに区役所、郵便局、図書館などの公共施設が集中していて生活に便利
  • 歴史ある「目黒銀座商店街」をはじめ、駅前に4つもの商店街(会)がある
  • 目黒川沿いの桜は春の風物詩。川幅が狭くなる中目黒周辺は、両岸の桜が重なりあって咲く絶好のお花見スポット

六本木で仕事をして中目黒に帰るなんて、お友達に自慢できちゃう一人暮らし生活じゃないですか?

4.寺町の情緒と現代アートが融合する「清澄白河」


平均家賃 路線名 通勤時間  通勤代
1R 8万円 大江戸線
出発:清澄白河駅
到着:六本木駅
 22分  260円

※参考資料 日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME’S

六本木とはまったく違う雰囲気の場所で暮らしたい一人暮らしの方におすすめの落ち着いた街です。江戸時代に建立されたお寺が今も多く建ち並ぶ由緒ある寺町。約100店ものお店がある深川資料館どおり商店街にはお豆腐屋さんや佃煮屋さん、名物深川めし屋さんなど下町らしさを感じるお店がずらり。その一方、東京現代美術館ができてからはギャラリーや古書店、アートスペースやカフェなどの現代的なおしゃれなお店が増え、今、若い女性から注目を集めているエリアなんです。

  • 清澄庭園、木場公園、隅田川テラス。豊かな緑と水に囲まれた自然あふれる環境
  • 富岡八幡宮で行われる「深川八幡祭り」は江戸三大祭の一つ。静かな街が熱気であふれかえります!
  • 朝の通勤時間帯には当駅始発の電車がある

江戸の風情を残しながら新しい建物が増えていくさまは街全体がアートのよう。六本木まで22分の別世界でゆったりおしゃれに過ごしてみたい一人暮らしの方に。

5.六本木にはない、下町の風情が残る「北千住」


平均家賃 路線名 通勤時間 通勤代(IC利用)
1R 6.55万円 日比谷線
出発:北千住駅
到着:六本木駅
36分 237円

※参考資料 日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME’S

六本木まで日比谷線で1本で、全部で6路線が交わるターミナル駅なので一人暮らしの方が多く住んでいます。日光街道の宿場町として栄えた北千住は、古民家や蔵などが点在する趣のあるレトロな街並みが魅力です。駅前から広がる数多くの商店街は人情味にあふれ活気に満ちています。近年では大学の誘致によりキャンパスタウンとしての新しい側面も。若者向けのおしゃれなお店も増えこれからさらに成長が期待されているエリアのようです。

  • 駅前には「マルイ」や「ルミネ」があり、買い物には困らない
  • 水と緑にあふれる荒川。お散歩にも運動にも花火鑑賞にも!
  • 商店街の激戦区なのでもちろん物価も安い

六本木からは少し離れますが、新旧混在する魅力で一人暮らしの方に人気の北千住です。

まとめ

  1. 六本木へのアクセス抜群!一人暮らしもより便利になる街「東中野」
  2. 東京一のアーケード街がある、一人暮らしに嬉しい「武蔵小山」
  3. 一人暮らしの方にオススメ!遊ぶにも暮らすにも楽しい街、「中目黒」
  4. 寺町の情緒と現代アートが融合する「清澄白河」
  5. 六本木にはない、下町の風情が残る「北千住」

あとがき

六本木は都心だけに住む場所の選択肢が多くて困っちゃいますねー。上の5つのエリアだけでも全然街の雰囲気が違います。 中目黒に住むとかもおしゃれなイメージですごく素敵ですけど、六本木が十分おしゃれで仕事帰りにも楽しめちゃう街なんで、休日はのんびりゆったりしたいので清澄白河に住んでみたいかな。新しいカフェや雑貨屋さんをめぐってお気に入りのお店を作る、なんて大人の女性っぽくてすてきですよね。

COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。