六本木へ通勤する一人暮らしのための部屋探し5つのポイント

condominiuminfo

六本木にはオフィスがたくさんあり、通勤するために部屋探しししている一人暮らしの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?東京に住んでいない人は特に土地鑑がないため、どこに住んだら良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、六本木へ通勤するための一人暮らしのお部屋探しの際に、考慮しておいた方が良いポイントをレポートにしてみました。



六本木に通勤する一人暮らしのための部屋探し5つのポイント

 

1. 混雑率が150%以下の路線を選ぶ


一人暮らしの住まいを探す時は、必ず六本木へ通勤する線の混雑率を調べた方が良いでしょう。東京に住んでいる方にとっては常識かもしれませんが、田舎者の私が初めて東京の電車に乗った時はその混雑に驚くとともにこんなもん一生乗るか!と思ったほどです。息をするでさえ苦しく気分が悪くなりました。(←私がチビなだけかもしれませんが)これが毎日となると、通勤するのが憂鬱になってしまいます。気になる物件があったら、是非混雑率を調べてみてはいかがですか?

⇒  東京圏における主要区間の混雑率

100% 150% 180% 200% 250%
定員乗車 広げて楽に新聞を読める 折りたたむなど無理すれば新聞が読める 体が触れ合い相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める 電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない

参考資料:国土交通省

2. 六本木まで乗り換えがないの駅を探す


いくら六本木までの通勤時間が短くても、乗り換えが多いのはちょっと辛いのではないでしょうか。中には乗り換えの際に随分と歩く必要があり、その時間を電車で有効に過ごすことができる方が良いでしょう。乗り換えがないと、朝の電車で新聞などを読む時間が増え、帰りの電車ではウトウトして少しだけ夢の世界へ…ということもできます。それに早朝に乗ったらゆっくり座ることができ、さらに電車での時間を活用することができるのではないでしょうか?

東京メトロ日比谷線

  • 中目黒行き
    六本木→広尾→恵比寿→中目黒}
  • 北千住行き
    六本木→神谷町→霞ヶ関→日比谷→銀座→東銀座→築地→八丁堀→茅場町→人形町→小伝馬町→秋葉原→仲御徒町→上野→入谷→三ノ輪→南千住→北千住

都営大江戸線

  • 都庁前行き
    六本木→麻布十番→赤羽橋→大門→汐留→築地市場→勝どき→月島→門前仲町→清澄白河→森下→両国→蔵前→新御徒町→上野御徒町→本郷三丁目→春日→飯田橋→牛込神楽坂→牛込柳町→若松河田→東新宿→新宿西口→都庁前
  • 光が丘行き
    六本木→青山二丁目→国立競技場→代々木→新宿→都庁前→西新宿五丁目→中野坂上→東中野→中井→落合南長崎→新江古田→練馬→豊島園→練馬春日町→光が丘

3. 女性の一人暮らしでも安心できる場所のリサーチ


特に女性の一人暮らしの部屋探しで一番気になるところは、引っ越し先の治安ですよね。物騒な世の中ですし、少々家賃が高くても治安の良い場所に住みたいと思うのではないでしょうか。また職場の勤務時間が遅くまでだったり、残業があったりして、帰宅時間が遅くなる場合もあると思うので、治安が良いに越したことはないですね。職場の同僚と六本木でそのまま飲むなんてこともあるかもしれませんし。

治安の一つの目安として、下のサイトで興味のある地域の犯罪発生状況を確認して見てください。エリアは同じでも番地によって多少治安の良さが異なる場合があるようなので、詳細は500m単位で見てみて下さい。

⇒ 犯罪情報マップ

4. 六本木を忘れさせてくれる緑が多いエリアを見つける


都心の六本木は美味しい食べ物や最先端のファッションが楽しめ、一人暮らしとって贅沢のできる場所です。しかし仕事からの疲れを癒すお部屋探しとなると、緑が豊かな落ち閑静な場所の方がいいですよね?もともと緑という色自体は、気持ちを落ち着かせ、ストレスを軽減させたり、リラックス効果が高いようです。もちろん緑が多い=植物が多いということですから、都内でもより空気が澄んだところに住めると嬉しいですね。家でゆっくりと休んで仕事に備えるためにも、植物が多いエリアを見つけてみたいですね。

区名 緑被率
練馬区 26.1%
世田谷区 24.0%
杉並区 21.8%
中央区 9.1%
台東区 8.4%
荒川区 7.3%

東京都環境科学研究調べ

5. 一人暮らしに向いている街を知っておく


一人暮らしのお部屋探しの際に参考にしたいのは、多くの人が住みたい街より、住民からの評判の良いが街ですよね?「住んだらよかった街BEST30」というランキングで、賃貸に住む独身の一人暮らしが次のようなポイントで評価しているようです。

  • 利便性
  • 街の魅力
  • 物価の安さ
  • 治安

特に物価の安さや治安の良さというのは、実際に住んだことのある人でないとなかなかわからない部分ですよね。一人暮らしの住居を決断するために、最後にあなたの背中を押してくれる判断材料になるかもしれませんね。

単身が住んだらよかった街TOP10

    1. 中野
    2. 吉祥寺
    3. 赤羽
    4. 目黒
    5. 池袋
    6. 高円寺
    7. 五反田
    8. 武蔵小山
    9. 下北沢
    10. 蒲田

BEST11~30はこちらのHPからどうぞ⇒ 徹底調査!住んだらよかった街BEST30

まとめ

1. 混雑率が150%以下の路線を選ぶ
2. 六本木まで乗り換えがないの駅を探す
3. 女性の一人暮らしでも安心できる場所のリサーチ
4. 六本木を忘れさせてくれる緑が多いエリアを見つける
5. 一人暮らしに向いている街を知っておく

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。