家賃が気になってしまう表参道の高級レジデンス4つの魅力

omotesandohills

表参道の高級レジデンスと言えば表参道ヒルズゼルコバテラス(表参道ヒルズ)ですが、その家賃は気になる所ですよねえ。森ビルのレジデンスで家賃が高いことが想像できるけど、実際どのくらいなのでしょうか。さらに重要なのは、それだけの家賃払うだけの価値のある住まいなわけ?ということで、今回は表参道ヒルズの魅力をリサーチしてみました。あなたは家賃が払えたら表参道の高級レジデンスに住みますか?



1. 表参道と一体化したレジデンスは日本一のデザイン!?


家賃が高い一つ目の理由は、表参道ヒルズはあの日本を代表する建築家、安藤忠雄氏の設計だから。シンプルながら様々な豊かな表情を見せる個性的な建物となっています。表参道のシンボルであった同潤会青山アパートは「同潤館」として保存され、表参道ヒルズのスタイリッシュさと懐かしい風景が感じられる、新旧の融合した建築物として生まれ変わったらしい。また屋上からは表参道ヒルズの屋上庭園、表参道のけやき並木、明治神宮の緑が一体となっている景色をまるで自分のお庭のように一望することができる贅沢な体験ができるんだって。

  • まるで軽井沢の別荘に来たような閑静な住宅街のような雰囲気
  • 全戸南向きでけやき並木が一望でき、四季を感じることができる空間
  • 桜の質感を生かした、白を基調としたフローリング
  • 打放しのコンクリートとガラスとのコントラストや豆砂利あらいだしの床などシンプルなデザイン
  • シンプルなデザインだから好みの空間に自由自在にデザイン可能

2. 表参道ヒルズはすべてが手に入る複合施設!?


表参道は港区に位置していることから家賃相場は比較的高め。ではさらに高額な賃料を払って手に入れることができるものとは何でしょうか?それは、欲しいものが全て我が家の延長になる暮らし。表参道ヒルズは、地下3階から地上3階までは商業施設となっていて、雨の日でも気楽にお買い物できるのです。有名ブランドショップやセレクトショプからヘアーサロンやスパまで何でも揃い、お店の数は100店舗近くあるらしい。まるで専属スタイリスト、お洒落な洋服の詰まったクローゼット、それに専属シェフ付きのような夢みたいな暮らしができるレジデンスですよね。お金は山ほどいるけど。。。

AHKAH
(アーカー)
URBAN RESEARCH
(アーバンリサーチ)
R&Co.
(アール&コー)
R style by 両口屋是清
EYEFUNNEY
(アイファニー)
UGG Australia
(アグ オーストラリア)
H.P.FRANCE BUOUX
(アッシュ・ペー・フランス・ビジュー)
ADORE
(アドーア)
ALKA
(アルカ)
ARMANI JUNIOR
(アルマーニジュニア)
ANN DEMEULEMEESTER
(アン ドゥムルメステール)
ANTEPRIMA
(アンテプリマ)
e.m.
(イー・エム)
ENUOVE
(イノーヴェ)
YLANG YLANG Argosy
(イランイラン アルゴシー)
iliann loeb
(イリアンローヴ)
AKM
(エイ・ケイ・エム)
S and O
(エスアンドオー)
ESCADA SPORT
(エスカーダスポート)
SJX
Edition
(エディション)
OSKLEN
(オスクレン)
BIG MAMA
(お直しコンシェルジュ ビック・ママ)
R-STUDIO
(Rスタジオ)
KATOJI
(カトージ)
Quatre-Neuf
(カトルナフ)
京 お野菜バル めい KiwaSylphy
(キワシルフィー)
Gallery80
(ギャラリー・エイティ)
GALLERY KOWA
(ギャラリーコーワ)
gallery doujunkai
(ギャラリー同潤会)
Galerle412
(ギャラリー412)
KuKuRuZa Popcorn
(ククルザポップコーン)
  green bar
(グリーンバー)
 CARESE
(ケアーズ)
 Community Passport Customer Center
(コミュニティパスポートカスタマーセンター)
 GOLDEN BROWN
(ゴールデンブラウン)
 SALVATORE CUOMO
(サルヴァトーレクオモ)
SAINT LAURENT
(サンローラン)
 SIENA
(シエナ)
shu uemura beauty boutique
(シュウウエムラビューティブティック)
G-STAR STORE
(ジースターストア)
 J-PERIOD
(ジェイピリオド)
J.LINDEBERG
(J.リンドバーグ)
JIMMY CHOO
(ジミーチュウ)
 JIMMY CHOO(MEN’S)
(ジミーチュウメンズ)
  JEAN-PAUL HEVIN
(ジャン=ポール・エヴァン)
junhashimoto
(ジュンハシモト)
 john masters organics select
(ジョンマスターオーガニックセレクト)
STAR JEWELRY
(スタージュエリー)
 STUART WEITZMAN
(スチュアートワイツマン)
 StompStamp
(ストンプ・スタンプ)
Tabio
(タビオ)
TULLY’S COFFEE
(タリーズコーヒー)
 THANN  DOUBLE STANDARD CLOTHING
(ダブルスタンダードクロージング)
Dartin Bonaparto
(ダルタンボナパルト)
 dan genten
(ダンゲンテン)
Tiara
(ティアラ)
DELFONICS
(デルフォニックス)
 DEL REY Cafe & Chocolatier
(デルレイカフェ&ショコラティエ)
DENHAM
(デンハム)
TORAYA CAFE
(トラヤカフェ)
 DOLCE&GABBANA
(ドルチェ&ガッバーナ)
note et silence.
(ノートエシロンス)
 HYDROGEN
(ハイドロゲン)
はせがわ酒店 HARRY WINSTON
(ハリー・ウィンストン)
 Hannari
(ハンナリ)
  BARNYARDSTORM
(バンヤードストーム)
  PASS THE BATON
(パスザバトン)
 PATRIZIA PEPE
(パトリツィアペペ)
 Bianchi
(ビアンキ)
 festaria bijou SOPHIA
(フェスタリアビジュソフィア)
 Forbidden Fruit Cafe
(フォービドゥンフルーツ)
 BLACK FLEECE BY Brooks Brothers
(ブラックフリースバイブルックスブラザーズ)
PLST
(プラステ)
hair make Pas de deux
(ヘアーメイクパドドゥ)
BEDROCK
(ベッドロック)
BEN&JERRY’S
(ベン&ジェリーズ)
BOSE DirectStore
(ボーズ・ダイレクトストア)
BOTTEGA VENETA
(ボッテガ・ヴェネタ)
MARK&LONA
(マーク&ロナ)
MARKS&WEB
(マークスアンドウェブ)
MARK’STYLE TOKYO
(マークスタイルトーキョー)
M・A・C MAX BRENNER CHOCOLATE BAR
(マックスブレナーチョコレートバー)
martinique Le Conte
(マルティニークルコント)
MIZUKI
(ミズキ)
Millefiori
(ミッレフィオーリ)
Milly
(ミリー)
やさい家めい
洋食MIYASHITA ラーメンゼロ PLUS RIbbon hakka kids
(リボンハッカキッズ)
LUNETTES de JURA
(リュネット・ジュラ)
le bois
(ルボア)
Lessen Wald
(レーゼンヴァルト)

(参考資料:OMOTE SANDO HILLS)

 

3. 家賃は表参道での暮らしのプロデュース料金も含まれていた!?


表参道という土地にあるだけでなく、なんといっても森ビルのレジデンスであることからも家賃が高いことが想像できるでしょう。サービスとか施設とか半端ないんですから。家賃さえ払えれば、年がいくつだろうと、美人やイケメンでなかろうと、お姫様・王子様のような気分になれるんでしょ。「一度きりの人生、そんな贅沢してみたいよなあ」と思ったらそうではないらしい。表面的なラグジュアリー感ではなく、都心だから体験できる上質な暮らしを提供しているそうです。「MORI LIVING を選ぶということは、ここでしか生まれない物語を選ぶということです。」(引用元:MORI LIVING)だって。

  • 5つの会員制スパ「ヒルズスパ」が利用できる
  1. アークヒルズスパ
  2. グリーンヒルズスパ
  3. 元麻布ヒルズスパ
  4. 六本木ヒルズスパ
  5. ヒルズスパ仙石山
    ⇒ http://www.moriliving.com/ja/estate/services/spas

4. 高級レジデンスの家賃さえ払えれば人生バラ色!?


どの物件でも家賃が高くなる理由の一つは立地条件の良さではないでしょうか。表参道ヒルズは表参道の中心に位置し、青山と原宿のどちらも徒歩圏内で、ハイファッションな街はすべてあなたのお庭のようなもの。商業施設だけでなく少し外に出ると、緑あふれる代々木公園や歴史を感じさせる明治神宮が目の前に広がります。これに加え、3つの駅を利用することができ利便性も申し分ないですね。仕事でも遊びでも都心のあちこちへすぐ行けるってまさに理想の場所でしょ。「MORI LIVINGにとって優れた立地とは、豊かな時間を生み出すために欠かせない要素の一つです。」(引用元:MORI LIVING)。表参道ヒルズは豊かな時間を生み出し、豊かな暮らしを送ることができるレジデンスのようです。

  • 表参道駅 徒歩約2分 (地下鉄銀座線・千代田線・半蔵門線)
  • 明治神宮前駅 徒歩約3分 (地下鉄千代田線・副都心線)
  • 原宿駅 徒歩約7分 (JR山手線)

まとめ

家賃が気になってしまう表参道の高級レジデンス4つの魅力

1. 表参道と一体化したレジデンスは日本一のデザイン!?

2. 表参道ヒルズはすべてが手に入る複合施設!?

3. 家賃は表参道での暮らしのプロデュース料金も含まれていた!?

4. 高級レジデンスの家賃さえ払えれば人生バラ色!?

で、気になる賃料ですが、間取りは60平米前後の1LDK前後で90万円からあるそうです。この希少性のあるレジデンスいかがですか?やや賃料は高めですが。

参考資料:MORI LIVING 表参道ヒルズゼルコバテラス/ All About「話題の「表参道ヒルズ」に住む!」

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。