冷蔵庫の中がスッキリする収納の仕方5つのコツ

fridge

「どうしたら冷蔵庫の中をスッキリと収納できるか?」ということは、よく料理をする人の共通の悩みではないでしょうか?冷蔵庫の中がきちんと整理整頓されると掃除しやすくなり、ドアの開閉時間が短くなり節電にも繋がりますよね。そこで今回は、外見だけでなく、機能性にも優れた収納のコツをお届けしたいと思います。



冷蔵庫の中がスッキリする収納の仕方5つのコツ

 

1.冷蔵庫の中の食品の定位置を決めて収納

冷蔵庫の中がスッキリと収納されない一番の原因は、物の定位置が決まってないことにあるのはないでしょうか?あちこちにとりあえず開いているスペースに詰め込んでいると、取り出す時にすぐに見つけ出すことはできないでしょう。まずは、カテゴリー別に冷蔵庫の段別に収納してみてはいかがでしょうか?

最上段 ストック(ビールなど)
2段目 常備品(ごま、天かす、ピクルス、梅干し)、
瓶(ピクルス、佃煮、ジャム)
3・4段目 残りの料理、デザート類(ケーキ、ゼリー)、
毎日食べるもの(ヨーグルト)
5段目(引き出し) 肉魚類、加工食品(ハム、チーズ、バター)
 ドアポケット 調味料、飲み物

これは一例ですが、我が家の定位置のルールをあらかじめ決めておくといいかもしれませんね。すると、料理の際もお目当ての食品を取り出しやすくなり、少しは節電にも繋がるかもしれませんね。また、冷蔵庫の中の収納スペースも生まれ、整理整頓するのも楽に出来るようになりそうですね。

2.食品の賞味期限を把握して収納

冷蔵庫の中にある食品の賞味期限を把握できていないため、ごちゃごちゃしてスキッリと収納できていないケースもあるでしょう。使用状況別に冷蔵庫に収納するのも良い方法かもしれませんね。

すぐ目に入る見やすい段

  • 調理して残ったもの(おかず、デザート)
  • 開封して使いかけのもの(ヨーグルト、デザート)
  • 賞味期限が短いもの(納豆、豆腐)
  • よく使うもの(ごま、佃煮、ジャム)

一番上の段

  • ストックするるもの(ビンもの)
  • 賞味期限が長いもの(こんにゃく、煮豆)

どこに何があるのかわからない状態だと、埋もれた食材を腐らせて無駄にしてしまったり、二重買いをしてしまう可能性もでてきますよね。また、賞味期限を書いたラベルを貼ると、早く食べないといけないものが一目でわかり、さらに冷蔵庫の中がスッキリと収納できるようになるかもしれませんね。

3.冷蔵庫の中のエリアごとに収納方法を工夫

冷蔵庫の中の大まかな収納の仕方がわかったところで、各エリアをどのように整理整頓していくか具体的な方法を見てみましょう。

野菜室

  • 長い野菜は横に倒して手前に収納(潰されないように)
  • 使いかけの物は野菜室の一番見えるエリアに
  • 傷みやすい野菜は上段に
  • にんじんやキュウリぐらいの長さの野菜は立てて収納
  • 大きな野菜(キャベツ、白菜)を収納する広い専用のエリアをつくる

調味料

  • ビン、チューブの高さを揃えてまとめる
  • 和食用、洋食用、中華用でまとめる
  • 無くなりそうな小さな物は小物入れにまとめる

冷凍室

  • 冷凍食品は上に積み重ねずに立てる
  • アイスクリームなど箱が嵩張るものは出して収納
  • 使いかけ、開封したものは一番手前に収納
  • 生肉/魚・家庭で調理したもの・市販のおかず(餃子、ピザ)・市販の素材(コーン、ミックス野菜)に分けて収納

4.収納グッズを揃えて冷蔵庫の中を整理整頓

調味料立て

  • 100円均一で販売されている
  • 備え付けのドアポケットに掛けることができる
  • 新たな収納スペースが生まれる
  • チューブのわさびやからしを収納できる

取って付きかご

  • 同じサイズを揃えれば無駄なスペースが無くなる
  • 出し入れがスムーズにいく
  • 高い所でも取りやすい
  • 色を揃えたら見た目もスッキリなる

透明なタッパ

  • 形やサイズを揃えると重ねたりでき、限られたスペースを有効に使える
  • 冷蔵庫の長さや幅を測ってピッタリなサイズを購入すると尚スッキリと
  • 何が入っているのか中身が見えて便利
  • おかずの残り物を保存するのに便利
  • プラスチック製やガラス製など素材、形、色など種類も豊富

ブックスタンド

  • 下に埋もれる食品がなくなる
  • 野菜などの単独で立たないものを立たせて収納できる
  • 一目で中のものがわかる
  • 金属製のものの方が冷気を遮らない

5.無駄な買い物をやめて冷蔵庫をスッキリと

無駄な買い物も冷蔵庫の中の収納を難しくしている要因の一つかもしれませんね。絶対に必要な物や量だけを購入するようにするだけで、随分と冷蔵庫の中身はスッキリとなりそうですね。

  • 買い物へ行く際はメモに書いたものだけ買う
  • コンビニへなんとなく行かない
  • 珍しいという興味だけや食べるかも?程度の食材を買わない
  • セール商品だからという理由で食品を買わない
  • 量が多くお得という理由で食品を買わない(丁度いい量を買う)
  • なんでもかんでも調味料を買わない
  • ストックをあまり買わない

お部屋の片付けと同じで、いくら整理整頓しても物が多いとなかなか片付かないですよね。限られたスペースの中でスッキリと収納できるように、購入する際にも気をつける様にしたいですね。

まとめ

  1. 冷蔵庫の中の食品の定位置を決めて収納
  2. 食品の賞味期限を把握して収納
  3. 冷蔵庫の中のエリアごとに収納方法を工夫
  4. 収納グッズを揃えて冷蔵庫の中を整理整頓
  5. 無駄な買い物をやめて冷蔵庫をスッキリと

参考資料:

アイリス:第16回 冷蔵庫の整理・収納

マイカシスタイル:定位置を決めてムダ知らず。冷蔵庫収納のコツ

日本経済新聞:「7割収納」で冷蔵庫をエコにすっきり

あとがき

冷蔵庫の中をキレイに収納できると、お客さんが来て冷蔵庫の中がチラッと見えても安心ですよね。また、見た目がスッキリするだけでなく、購入した食品を無駄にせずに、掃除もしやすくなり、節電にも繋がり、嬉しい事だらけですね。この機会に冷蔵庫の中を整理整頓してみてはいかがですか?

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。