一人暮らしの人が知りたい米5kgについてのあれこれ

一人暮らしをしていると、敏感になってくるのが食事ではないでしょうか。その中でも米に関しては、「虫が!」「変な臭いがする」など意外にデリケートな食品です。せっかく自炊で節約をしているのに、捨ててしまうのはもったいない…。今回は一人暮らしの人が購入しやすい米5㎏についてのあれこれをご紹介いたします。



一人暮らしの人が知りたい

米5kgについてのあれこれ

 

1.一人暮らしだと米5㎏はどのくらいでなくなるか?

米5㎏は炊くと水分を吸って約11㎏になります。これはお茶碗一杯分を150gと考えて計算すると約73杯分に相当します。1回の食事で消費する量を女性が茶碗一杯、男性が二杯と仮定すると以下のようになります。

食事での消費量(1回分) 1日2食自炊した場合 1日3食自炊した場合
女性 約 茶碗1杯 約2ヶ月半 約24日
男性 約 茶碗2杯 約1ヶ月強 約12日

この表はあくまで目安ですが、毎日しっかり3食ご飯を食べるのは実際なかなか厳しいと思います。たまにはご飯以外の食事をとるとして、1日2食の計算をすると考え易いかもしれません。そうすると米5㎏は、自炊する一人暮らしの男女どちらにも消費し易い量なんですね。

2.比較してみよう!米5㎏の相場

米5㎏は品種にもよりますが、約2100円ほどで販売されています。この他にもご飯は「サトウのご飯」のようにレトルトパックになっているものや、スーパーなどで炊きたてのご飯がパックに入って販売されているものもあります。これらと比べて、米5㎏を購入することはお得なのでしょうか。

お米の種類 150gの値段
サトウのご飯
銀シャリ(150g×36パックで約3500円の場合)
約98円
スーパーの炊きたてご飯パック詰め 約80~90円前後
米5㎏ 約41円
(米約27円+炊飯時の電気代約4円+水代約10円)

スーパーのご飯やレトルトパックのご飯はさらに温めなければならないとすると、さらに電気代がかかってしまいます。こうして比較してみると、米5㎏の方が一人暮らしに優しいですね。

3.一人暮らしの米5㎏の購入方法

一人暮らしをしていると、米も必ず自分で購入しなければいけません。どこで購入するのが便利な方法なのでしょうか。

長所 短所
スーパー ・手軽に購入できる。 ・品質管理が徹底されていない。
通販 ・家に居ながら購入できる。
・手に入りにくい米も手に入れやすい。
・少量の米量だと送料がかかってしまうことが多い。
直売所 ・一般市価に比べて安く手に入る。
・品質管理が徹底されている。
・近所に直売所がない場合に購入が不可能。

スーパー、通販、直売所の3つの長所と短所をあげてみましたが、自分にあった方法を選んでみてください。米にこだわるなら、近所に直場所があると一番嬉しいですね。

4.一人暮らしの人が上手く米5㎏を保存する方法

一人暮らしの人が米5㎏を上手に保存するためには、ちょっとした工夫が必要です。米は生鮮食材なので、野菜などと同じように劣化してしまう食べ物です。
常温で保存すると、

  • 秋・冬は2ヶ月
  • 春先は1ヶ月
  • 盛夏は半月

が賞味期限といわれており、5㎏を消費する際に女性の場合は約2カ月半かかると紹介しましたが、これでは賞味期限が切れてしまいます。

  1. ペットボトルやタッパー、ジップロックなど密閉容器にお米を移す。
  2. 冷蔵庫の野菜室にいれて保存する。
  3. 新しい米をつぎ足すときは、古い米を使いきり容器を綺麗に洗ってから。

以上の3点に気をつけて保存することで、約5~7ヶ月の保存が可能になり防虫効果もあります。一人暮らしで米5㎏を消費するには十分な期間ですね。

5.米5㎏の一人暮らし節約術

一人暮らしだとお米も節約しながら使いたいですよね?
例えば一度に3合を炊いたとすると、ご飯茶わん約7杯分ができあがります。そのまま保温しておくとさらに電気代がかかってしまうので、一食分を残してあとは一食分ずつに分けて冷凍保存します。

  1. 炊きたてのご飯が冷めないうちにラップやフリーザーパックでくるみ、冷凍庫に入れる。
  2. ご飯をくるんだときに、なるべく平らにし、厚さを均一にする。

あつあつのご飯をその場で冷凍することで、電子レンジで解凍したときに炊きたてのようなご飯を味わうことができます。冷凍するときになるべく平らにするのは、解凍する際にむらをなくすためです。この方法で保存をすると約3週間もつので、一度になるべく多く炊くと手間も時間も省くことができるのでおススメです。

まとめ

一人暮らしの人が知りたい

米5kgについてのあれこれ

  1. 一人暮らしだと米5㎏はどのくらいでなくなるか?
  2. 比較してみよう!米5㎏の相場
  3. 一人暮らしの米5㎏の購入方法
  4. 一人暮らしの人が上手く米5㎏を保存する方法
  5. 米5㎏の一人暮らし節約術

参考資料:お米とごはんの基礎知識、関東電気保安協会、農林水産政策研究、ライスピア米蔵

あとがき

米5㎏は一人暮らしをしている人にとって、お手軽で消費しやすい米量だということを紹介してきました。安売りしていたからといって買い溜めをしてしまうと、冷蔵庫に入りきらず保存状態が悪くなってしまったり、捨てなければならなくなったりしてしまうこともあります。ちょっとした手間ですが、一人暮らしをしているからこそ、ご飯は美味しく賢く食べたいですよね。
5㎏は多すぎず、少なすぎず。一人暮らしの人は米5㎏でやりくりしてみてください。

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。