収納が下手な人が部屋をスッキリさせる5つのコツ

収納をすることが苦手だと、片付けてもすぐ散らかってしまったり、機能面でも目当ての物がすぐに取れ出せなかったりと、困る事が多々ありますよね?そこで今回は、収納が下手だと思っている人でも部屋がきれいにスッキリできるコツをお届けします。



収納が下手な人が部屋をスッキリさせる

5つのコツ

 

1.物を減らすと、収納が下手な人でも部屋がキレイに!?

収納が下手な人の中には、部屋に物がたくさんあるという方が多いと思います。いくら収納するのが得意でも、物の量が収納できるスペースを超えていたら、部屋をスッキリさせることは至難の業です。まずは物を厳選するために、収納できていない物を3つのカテゴリーに仕分けることから始めると良いそうですよ。

  1. 処分するもの 必要のないものでも捨てる機会がないと、部屋の奥に眠っていることがあると思います。この作業によって随分と収納しやすくなるので、この機会に物を厳選してみませんか?
  2. 必要なもの 必要なものでも、あるべき場所に収納されていないこともあります。いつ・誰が・どこで使う物なのかを考えて、さらにいくつかのグルーブにに仕分けします。それぞれの物を本来の居場所に戻してあげると、物探しの時間も無くなりますよ。
  3. 判断がつかないもの 中には処分した方がいいのか、それとも、後々使うかもしれないから取っておいた方がいいものなのか判断に迷ってしまう物もありますよね?そういう物は何分も考え込むのではなく、とりあえず箱にしまっておきます。そして、3ヶ月〜半年後に再度確認し、それまでに使っていないのであればその時に処分すると良いと思います。

ギュウギュウに詰め込んで収納できたとしても、必要な物がすぐに出てこなかったり、取り出す際に物が溢れ出て来て毎回しまい直さないといけないかったりと、機能的に後々困ることもありますよね?まず物を仕分けることが、収納が下手な人でも部屋をスッキリさせる近道になるようですね。

2.部屋をスッキリさせるためには、収納の進め方がポイント!

物が部屋中に溢れかえっていると、収納が下手か上手かに関わらず嫌になってしまい、なかなか片付けが進みまないものです。また、他の家事や仕事・学校があると時間がとれないと、部屋が一向にスッキリしないのが現状ですよね?しかし、片付けしていくといつかは必ずスッキリと収納できるものなので、焦らず継続することが秘訣だそうです。

  • 一気に完璧に収納しようと無理をしない
  • 片付け途中は収納された箇所より、余計にちらかった所に目につくものだと思う
  • まずは目立つ場所から始めると成果が分かりモチベーションがあがる
  • 日割りや週割りで少しずつ進める
  • カテゴリーや場所ごとに進める

また、収納が下手・苦手と思い込んでしまうことも部屋が片付かない原因かもしれませんね。一箇所だけでもスッキリとなると自信がつくと思うので、焦らずにコツコツ収納してみたいですね。

3.モノトーンテイストでスッキリさせ、収納上手になろう!

収納が下手と感じるのは、限られたスペースに物をしまい込めないだけが理由でもありません。一応きちんと物が収納されているけど、ごちゃごちゃして見た目が悪かったり、すぐに目当ての物が取り出せない場合もあるでしょう。
そんな方にオススメなのが、片付かない収納スペース一角をモノトーンテイストで統一することです。入れ物の形を揃えたり、白色と黒色収納ケースで統一すると、自然とスッキリと見えるものです。
また、大きめの箱に全ての物を詰め込むのではなく、A4ファイルボックスやCD・DVDボックスなど中くらいのもので細分化すると、物の定位置が決まり整理整頓しやすくなります。
百円均一などでも収納グッズを揃えることもできるので、初期費用もそんなにかからずに収納上手へ近づくことができます。グッズを揃えると一段と片付かないスペースがスッキリとなるので、収納するのも楽しくなると思いますよ。

4.収納が下手と感じてるのなら、家族に手伝ってもらう!

自分自身のことを収納が下手だと思っていても、実際は決してそうではないこともあります。それは、家族の人が使ったら使い放し、散らし放題していて、片付かない原因になっていることがあるからです。これでは、いくら時間を割いて収納しようと努力しても、一向に片付かないでしょう。
家事は片付けだけではなく、料理・掃除・洗濯とやらないといけないことはたくさんありますよね?この際に、家族にも片付けを手伝ってもらってはいかがですか?
スペースごとに、よくその場所を使う人が片付けを担当するようにすると、一人一人の負担も少なくなり、おうちの中を常にきれいな状態に保てると思います。家族全員が収納下手から収納上手になれると理想ですよね。

5.収納が下手なら、「9割収納」を心がけよう!

物を減らす事にも繋がってきますが、やはり物が多すぎることが、収納が下手だと感じてしまう理由ではないでしょうか?決して収納する能力が人と比べ劣っているのではなく、単に物の量が収納スペースの限界を上回っていることもあるでしょう。
では、どのくらいが物が適量と言えるのか知りたいですよね?物が多すぎると判断するコツは、「9割収納」です。ギュウギュウに詰め過ぎているから、出し入れの際に引き出しの中がぐちゃぐちゃになってしまったりと、収納ができなくなるのです。
物がしまいにくいと感じたら、物が多くなっているサインです。9割収納を心がけることで、今自分が管理できる物の量を把握することができ、また、物を買いすぎることも防ぐことができるので、一石二鳥です。「やっぱり私って収納が下手なのかな?」と感じたら、「9割収納」を思い出して、使ってない物を少し処分してみてはいかがですか?

まとめ

収納が下手な人が部屋をスッキリさせる

5つのコツ

  1. 物を減らすと、収納が下手な人でも部屋がキレイに!?
  2. 部屋をスッキリさせるためには、収納の進め方がポイント!
  3. モノトーンテイストでスッキリさせ、収納上手になろう!
  4. 収納が下手と感じてるのなら、家族に手伝ってもらう!
  5. 収納が下手なら、「9割収納」を心がけよう!

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。