お風呂で寝る人が知っておきたい5つのこと

bathtab

温かいお風呂に入ると、心も身体も癒され、寝てしまうこともあるでしょう。しかし、お風呂で寝てしまうと、生命の危険性があることをご存知ですか?お風呂で寝るという人は、今日から少し工夫をしてみませんか?



お風呂で寝る人が知っておきたい5つのこと

 

1.「お風呂の中で寝る」ということの実態

お風呂で寝ることはありますか?なぜお風呂の中で寝てしまうのでしょうか。疲れている、眠い、などの理由もあるでしょう。しかし、特別に疲れや眠気を感じていない場合でも、お風呂が気持ち良く、ついつい長湯をして、気づいたら寝てしまった・・・という経験は誰でもありますよね?

それは、血圧の低下が関係あるようです。42℃以上のお湯につかった時、血圧が上昇します。これを驚(きょう)がく反応と言うそうです。その後、この急激に上昇した血圧の反動により、必要以上に血圧が下降してしまうそうなのです。(驚がく反応を引き起こす温度は個人差があります。ご注意ください。)この血圧の低下が、入眠時と似ている事から、お風呂の中ではだんだん眠くなっていくようです。お風呂で寝ると気がつかないうちに、このような現象が体の中で起きることがあるなんて怖いですよね。

2.お風呂で寝ると危ない理由

よくお風呂で寝ると危ないという話を聞きますが、気持ちよくお風呂で寝ている人の中には「何がいけないの?」と思う方もいらっしゃると思います。実は、お風呂の中での「謎の溺死」が原因で亡くなる人は、一年間で約一万人にも上ると言われています。これは、前の章で書いた「異常な血圧低下」が原因で、最高血圧が100以下になると、脳に血液が行きに届きにくくなり、意識障害(失神)が起こる可能性が高くなるのです。意識障害の状態で肺に水が入った場合、水の量が少量でも心臓が止まる場合があるそうです。この状況を「謎の溺死」と呼ぶそうです。

お風呂でウトウトとしていて、自然と体が水の中に沈んでいき、溺れそうになった経験のある人もいると思います。気付いたから良かったものの、もし意識障害を起こしそのままま溺れていたら、、、と考えると本当に恐ろしいですね。「意識障害」、「謎の溺死」と隣り合わせの危険性があるので、お風呂で寝ることをあまり甘く見ない方が良いのかもしれませんね。

3.お風呂で寝る心配をせずに、満喫できる安全な入浴方法

お風呂で寝ると、せっかくの癒しの時間が悲惨な結果を招いてしまうことがあるようですね。このようなことにならないように、安全でお風呂の時間を満喫できる入浴方法をご提案させていただきます。

  1. まずお風呂に38度~40度のお湯をはる。
  2. 続いて、脱衣室と浴室をあたたかくする。
  3. 食前にお風呂に入るようにする。
    ・満腹状態で眠くならないため。
    ・入浴前はアルコールを飲まない方が良いため。
    ・常用しているお薬も、入浴前は避けるため。
  4. 入浴前に、コップ一杯の水分を補給する。
  5. 同居人がいる場合は、お風呂に入ることを伝えてからお風呂に入る。
  6. お湯に浸かる前に、タイマーをオンする。
  7. 半身浴で、入浴時間は短めに。
  8. 浴槽から出る時は、浴槽のフチに腰掛けから立ち上がるなど、一気に立ち上がらない。
  9. お風呂上がりに、常温のお水を一杯のむ。

お風呂で寝ることのないように、安全にバスタイムを満喫したいですね。

4.お風呂で寝ることがないようにするための対策

お風呂の中で寝ることがないようにするには、どのような対策があるでしょうか。今すぐできそうな対策を考えてみました。ご自身にあった方法を試してみてくださいね。

  • 睡眠時間をたっぷりとる。
  • 布団や枕を自分に合ったものに変えて、質の良い睡眠をとる。
  • マッサージなどに通い、日頃の疲れを癒す。
  • ご飯を食べる前にお風呂に入る(食後は眠い)
  • 眠い時は、シャワーのみにする。
  • 入浴中、大声で歌を歌う。(近所迷惑注意)
  • 入浴中で雑誌を読む。(濡れてもOKのもの。フリーペーパーやチラシもオススメ)
  • 入浴中でスマホを操作する。(防水カバー必須)
  • 入浴中にDVD・動画を見る。(防水機能必須)
  • 浴槽内で強めのマッサージやストレッチをする。
  • 浴槽内で温まりながら、ミントの刺激の強い歯磨き剤をたっぷりつけて歯磨きをする。
  • 入浴中に電話をする。
  • 浴槽の中では座らずに、しゃがんでいる。
  • 片手を湯船から出して、洗面器などを持っておく。(物が落ちた音で起きる)
  • タイマー・アラームを大音量でかける。
  • 一人で入浴しない。
  • 家族に、5~10分おきに声を掛けてもらう。

色々あげてみましたが、「お風呂に入るのは短時間に。」これが一番手軽で効果的かも知れませんよ。そして、光熱費も節約できて、一石二鳥ですね。お風呂で寝る時間がないくらい短時間であがるように心がけたいですね。

5.万が一、お風呂の中で寝た時の対応

対策をとっても、お風呂で寝てしまう方もいらっしゃるかも知れません。 万が一、お風呂で寝てしまった時の対応についてご提案いたします。

  • 入浴後体が冷えない様に脱衣所を温めておく。
  • 脱水症状を起こさないように、常温のお水を飲む。
  • お部屋も適温にする。
  • 風邪をひかないように、いつもより1枚多く羽織る。

お風呂で寝た後、体調が悪い場合は、あまり動かず、ゆったりと休んでください。また、同居人がお風呂で寝る可能性がある時は、必ず声をかけてあげてくださいね。

まとめ

お風呂で寝る人が知っておきたい5つのこと

  1. 「お風呂の中で寝る」ということの実態
  2. お風呂で寝ると危ない理由
  3. お風呂で寝る心配をせずに、満喫できる安全な入浴方法
  4. お風呂で寝ることがないようにするための対策
  5. 万が一、お風呂の中で寝た時の対応

参考資料:ためしてガッテン「お風呂大変身!超快感・安全入浴術」、病気のはなし・病気辞典・病気「入浴中の突然死」

あとがき

お風呂で寝ることの危険性や、安全にお風呂に入る方法や対策はいかがだったでしょうか。今日から実践できる事が多かったと思うので、対策をとりながら、快適で安心なお風呂を楽しんでくださいね。

COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。