掃除に対するモチベーションを保つ5つのコツ

家事の中で掃除が一番嫌いという方は多いですよね。でも部屋がきれいになると、そこで生活する自分の身体や心もスッキリしてゆとりができてとても気持ちいいんですよ。少しの努力と工夫で掃除のモチベーションを保って、きれいなお部屋作りをめざしましょう!



掃除に対するモチベーションを保つ5つのコツ

 

1.とにかく掃除を始めると自然とモチベーションが上がる

なんとなく散らかっている部屋、掃除をしなきゃと思いつつもモチベーションが上がらず手をつけられなくて…という毎日の繰り返しではありませんか?いきなり大掃除みたいに張り切ってぴかぴかにする必要はありません。まずはとにかく始めてみましょう。

  • 狭いスペースからやってみる
    短い時間でやり遂げられて、達成感を得られる場所から始めてみましょう。おすすめはトイレ。ごみを片付けて便器をきれいにして床を拭く、10分もあれば見違えるほどきれいに!
  • 時間を決める
    まずは10分、時間を決めてできるところまでやってみましょう。全部終わらなくてもかまいません。短時間でも毎日続けていれば、掃除が習慣になって苦痛でなくなってきますよ。

掃除が苦手という方はまずは簡単に短い時間でできるところから取り掛かってみてください。きれいになった!という達成感がもっと掃除をしてみたい!というモチベーションに変化してきますよ。

2.部屋をきれいに保つと、掃除へのモチベーションが保てる

部屋をきれいに掃除してもすぐ汚くなってしまうことの繰り返しだと、モチベーションが保てませんよね。一日10分でもしっかり掃除をする習慣をつければ、ある程度部屋は片付いてきます。次はきれいな状態を維持する工夫をしてみましょう。

  1. 物の置き場所を決める
    一度置き場所を決めて収納してきれいな状態にしたら、必ずそこに戻す
  2. 曜日ごとに掃除する場所を決めておく
    この日はここだけ!と決めるといろいろ手を出して逆に散らかるということがないので効率がいい
  3. 床に物を置かない
    ひとつでも物があるとどんどん他の物も置いてしまいがち。床に置かないことを意識するだけで片づけが楽になる
  4. 使ったらすぐ掃除する
    何ヶ月も汚れたままのキッチンやお風呂場をきれいするのは大変だけど、その日の汚れをさっと掃除するのは意外と簡単

少しの努力を意識的に継続することで、掃除に対するモチベーションを落とさずにきれいなお部屋を維持したいですね。

3.掃除をダイエットと思えると、楽しくモチベーションが上がる

やらなければいけない家事だと思うから面倒だな、嫌だなと感じてモチベーションが落ちてしまうのかも。掃除を軽い運動、シェイプアップの手段だと考えてみたらいかがでしょう?

10分 30分
掃除機 28Kcal 86Kcal
モップ掛け 30Kcal 91Kcal
部屋の片付け 42Kcal 126Kcal
雑巾掛け・風呂掃除 30Kcal 91Kcal

(体重50kgで計算)

掃除全般の消費カロリーはウォーキングと大体同じくらいなんだそうですよ!意外といい運動になっているんですね。

  • 朝に行うと交感神経系が活発なので体脂肪を燃焼しやすい
  • 動作を大きく、ペースを早くすると消費カロリーup
  • 食時の1時間後くらいが運動能力を発揮しやすいので体脂肪・カロリーを消費しやすい

これらを意識して、背中や足などの大きい筋肉を意識的に動かすと効果がアップするそうです。朝食後の午前中がいいみたいですね。毎日続けることがダイエットに効果的と考えれば、掃除のモチベーションが保てそうですよね。

4.人を招き、無理やりモチベーションを上げる

強制的に掃除のモチベーションを上げるとっておきの方法は、家に人を招くこと。きれいなお部屋の維持にも、散らかったお部屋を片付ける最終手段にもぴったりでおすすめなんです!
◯◯時にお客様が来るという明確なタイムリミットがいいプレッシャーになり、途中でだらけたりせず集中できますし、普段はここまではしなくていいかなと思う細かいところまで気が回るのでお部屋がとてもきれいになります。一気に掃除をして部屋がきれいに片付くのを体験すると、とても気持ちがよくて不思議とまたやってみようかなという気持ちになるんですよ。
ちょっとお部屋がごちゃごちゃしてきたかな、と思ったらお友達を呼んでお部屋パーティーなんてどうですか?掃除のご褒美においしいスイーツやご飯を用意しておけば、さらにモチベーションがあがること間違い無しですよね。

5.掃除のコツがわかる本を読んで、モチベーションを維持する

思わず掃除を始めたくなるようなすてきな本を読んで、毎日の掃除のモチベーションを維持しませんか?

  • 『人生がときめく片づけの魔法』近藤 麻理恵
    「一度片付けたら二度と散らからない片付け法」、「自分がときめくものだけを残してあとは捨てる」といった方法でTVなどでもおなじみの近藤麻理恵さんの本です。片付けの手順から洋服のたたみ方までいろいろな具体例が解説されています。
    ホームページ⇒ http://www.amazon.co.jp
  • 『子どもがいてもキレイがつづく!ラクするための片づけルール』吉川 永里子
    散らかすことの天才、子どもがいてもキレイなお部屋を保てるコツがわかります。子育てや仕事で忙しくてもラクに片づけするためのアイデアが参考になりますよ。
    ホームページ⇒ http://www.amazon.co.jp/
  • 『ドイツ流 掃除の賢人-世界一きれい好きな国に学ぶ-』沖 幸子
    ドイツには「人生の半分は整理整頓である」ということわざがあります。著者がドイツで学んだドイツらしい合理的でシンプルな掃除術が紹介されています。私も掃除が嫌い、という著者の15分でできる掃除術やきれいな自宅の写真を見ると自分もがんばれそうな気持ちになりますよ。
    ホームページ⇒ http://www.amazon.co.jp

いろいろなアイデアの中から自分にあった掃除術を見つけて毎日楽しく簡単に掃除ができれば、自分のモチベーションもきれいなお部屋も維持できそうですね。

まとめ

掃除に対するモチベーションを保つ5つのコツ

  1. とにかく掃除を始めると自然とモチベーションが上がる
  2. 部屋をきれいに保つと、掃除へのモチベーションが保てる
  3. 掃除をダイエットと思えると、楽しくモチベーションが上がる
  4. 人を招き、無理やりモチベーションを上げる
  5. 掃除のコツがわかる本を読んで、モチベーションを維持する

あとがき

私も掃除が苦手なんです…。嫌でも掃除しなきゃいけなくなるので、家にお客様を呼ぶのはおすすめですよ。仲のいい友達や家族より、会社の人などちょっと距離のある方がプレッシャー度合いが高まって部屋が見違えるほどきれいになります(笑)部屋は自分を映す鏡だと言われます。部屋を掃除する手順や効率は自分の生活や仕事にも通じるもの。きれいな部屋に住む心にゆとりのある人になりたいものですね。

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。