生活費が足りない時にピンチを乗り越える5つの方法

no_money

生活をしていく中で、急な出費があって生活費が足りないというピンチになってしまったことがある人は少なくないと思います。
そんなピンチをどう乗り切るかは、方法を知っているかどうかにかかっているのです。
生活費が足りないというピンチを乗り切るための方法を紹介します。




 

生活費が足りない時にピンチを乗り越える5つの方法

 

1.生活費が足りないときには、貯金を切り崩して生活する

生活費が足りないピンチのときには、貯金を切り崩して生活をしていくことを考えましょう。
例えば、転職直後で給料が低かったりする場合には、その前に作っておいた貯金で賄うようにします。
この場合、時間が経てば給料が上がるという見込みがあるので、貯金を多少使ってしまったとしても、すぐにその分を貯金していくことは可能になります。
貯金というのは、万が一のときのためにあるものです。
病気や事故に巻き込まれたというときだけではなく、給料が一時的に少なくなってしまったというときにも貯金を使うことができるのです。
貯金を切り崩して生活をしていくときのポイントは、できるだけ節約をすることです。
貯金というのは無限にあるわけではなく、使っていればどんどん減っていきます。
それをどれだけ維持できるかが大切になってくるので、生活費で貯金を使うときには節約を心がけましょう。
生活費が足りないというピンチであれば、まずは貯金を切り崩して生活をしていきましょう。

 

2.食費を節約して足りない分を補う

生活費が少しだけ足りないというときには、食費を節約しましょう。
日常生活の中で、簡単に節約をすることができるものといえば、消耗品や食品です。
例えば、シャンプーなどを買うときにはトップバリューなどの自社ブランド品を買ったりすることでも、100円程度の節約になります。
食費にも気をつけて、なるべく安くておなかに溜まるものを作るようにすると、食費の節約に繋がります。
今は節約レシピがたくさんあります。
毎日日替わりで作っていっても、1ヶ月間違うメニューが出来るくらいです。
ですから、節約レシピを利用して、食費の節約をしていきましょう。
生活費が足りないという状況は、いつ起こるか分かりません。
そのときに固定費を節約しようとしてもすぐに結果がでるものではないので、すぐに結果が出る食費や消耗品にかかるお金を節約するのです。
1週間頑張れば、1000円以上の節約をすることもできます。
生活費が足りないときには、すぐに結果がでる節約を始めましょう。

 

3.すぐに稼げる在宅ワークを始めて生活費を作る

足りない生活費を補うためには、すぐに稼げる在宅ワークを利用しましょう。
すぐに稼げる在宅ワークというのは、多種多様です。
例えば、ポイントサイトの利用でも、すぐに1000円程度を換金できる場合もあります。
生活費が足りないときの1000円というのは、とても貴重なものです。
ですから、すぐに換金できるポイントサイトの利用も検討してみてください。
また、簡単にできるライティングサイトもあります。
1週間程度でお金に換金できるポイントが貯まるサイトもあるので、そういったサイトを利用して、足りない生活費分を補えるくらいの金額を稼ぐのも1つの手段です。
仕事をしていたり、子どもが居たりすると、外で働くというのは困難になります。
在宅ワークであれば、パソコンやスマホ、携帯からすぐにでも始めることができるので、働き口を探す手間も省けます。
生活費が足りなくなる前に始めておけば、余裕のある生活を送れるかもしれません。
生活費が足りなくなってしまったら、すぐに始められる在宅ワークを利用しましょう。

 

4.クレジットカード決済を使って現金を使わないようにする

月末などの給料日前に生活費が足りない状況になってしまったら、クレジットカード決済を利用しましょう。
クレジットカードはとても便利なものです。
現金の持ち合わせがなくても、買い物をしたりすることができます。
生活費が足りなくなってしまったときでも、多少の現金は手元にあると思います。
現金がなくなってしまったら、万が一のときに困ることにもなるでしょう。
そういった場合を想定して、普段の買い物などはできるだけクレジットカード払いにして、現金を温存しておくのです。
大きなスーパーなどであれば、クレジットカードでの支払いをすることができます。
日用品などの買い物にはクレジットカードを利用しましょう。
ですが、その中でも節約をすることが大切になります。
いくら現金が要らない買い物であっても、翌月には支払いがあります。
カード利用分の支払いが祟って、またお金がない状況になってしまっては、元も子もありません。
生活費が足りないときのクレジットカード払いは便利ですが、限度を考えて利用しましょう。

 

5.生活費が足りないなら、キャッシングローンを利用する

足りない生活費を補うのであれば、少額のキャッシングを行うこともできます。
キャッシングカードは、今や主婦でも作ることができるカードです。
コンビニATMなどから現金を引き出せて、その用途は自由になっています。
即日で発行してもらうことができるカードもあるので、生活費が足りなくてピンチ!というときにはとても便利なのです。
キャッシングカードを使うときのポイントは、少額だけを借りることです。
キャッシングは借金なので、使いすぎてしまえば返済が大変になります。
少額だけであれば、すぐに返済することができて借金生活を送らなくても良くなるのです。
キャッシングは少額を借りてすぐに返すことが鉄則なので、これを守ってキャッシングカードを利用しましょう。
給料日前など、「あと1万円あったらいいのに…」という状況は誰でも経験があると思います。
そのようなときに、必要な1万円だけを借り入れて、給料日にすぐに返済するようにすれば、生活が楽になります。
生活費が足りないときには、少額のキャッシングで乗り切りましょう。

 

まとめ

生活費が足りない時にピンチを乗り越える5つの方法

  1. 生活費が足りないときには、貯金を切り崩して生活する
  2. 食費を節約して足りない分を補う
  3. すぐに稼げる在宅ワークを始めて生活費を作る
  4. クレジットカード決済を使って現金を使わないようにする
  5. 生活費が足りないなら、キャッシングローンを利用する

 

編集後記

生活費が足りないという状況は、誰にでも起こりうることです。
そのときのために貯金をしておいたり、万が一のときのためにカードを作っておくことは、必要なことなのです。
生活費が足りない状況になっても、慌てなくてすむように事前に対策をしておきましょう。

 
スポンサーリンク