調味料の賞味期限について疑問に思う5つのこと

seasonings

砂糖、塩、しょうゆ、みりん、、、毎日使っている調味料の賞味期限や開封後の保存方法をしっかり把握していますか?一人暮らしや料理の機会が少ない方は調味料がなかなか使い切れないですよね。どのくらいの期間、どうやって保存すればいいか、使えなくなったものはどうすればいいかをご紹介しますね。



調味料の賞味期限について疑問に思う

5つのこと

 

1.調味料の賞味期限はあるの?

開封前の調味料の賞味期限は本体やラベルに記載してありますが、開封後については「早めにお使いください」などの表記が多くてわかりにくいですよね。各メーカーの情報を保存方法とともに集めてみました。

調味料 開封後の賞味期限 開封後の保存方法
砂糖 なし 密封して高温多湿を避ける
ニオイの強いものの近くに置かない
なし 密封して高温多湿を避ける
ニオイの強いものの近くに置かない
半年 冷蔵庫なら1年保存可能
醤油 1ヶ月 冷蔵保存
味噌 2ヶ月 冷蔵保存
料理酒 2ヶ月 冷暗所で常温保存可能
みりん 半年 冷蔵保存
マヨネーズ 1ヶ月 冷蔵保存
ケチャップ 1ヶ月 冷蔵保存
チューブ入り調味料
(わさび・からし等)
記載の賞味期限まで 冷蔵保存

スーパーなどで売られている調味料は多少のばらつきはありますが、賞味期限まで1年以上あるものがほとんど。未開封の場合は冷暗所で常温保存で大丈夫です。

2.賞味期限を過ぎても調味料は食べれる?

そもそも賞味期限とは、「劣化が比較的遅い食料品や調味料を包装状態のまま所定の環境に置いた状態で、製造者が安全性や味・風味等の全ての品質が維持されると保証する期限を示す日時」のこと、つまりその食品が「おいしく食べられる期限」のことです。
未開封の状態で製品に記載してある方法で保存していた場合、賞味期限が過ぎたからと言って急に悪くなり食べられなくなるわけではありません。しかし、味や色、風味や香りが劣化してしまうことに加え、保存温度によって製品の状態に違いが生じて一概に大丈夫とは言えないので基本的には賞味期限内に使用するようにと各メーカーでは説明しています。
醤油は腐敗などの恐れがないため他の調味料に比べて賞味期限より長く使用できるようです。風味の劣化は避けられないので、焼肉のたれや佃煮のように火を入れて煮詰めたり、だしやみりんなどの他の調味料とともに煮物にしたりするといいそうですよ。

3.賞味期限とは関係ない調味料の捨て時のサイン

製品に記載の賞味期限内、開封後の保存期間の目安内であっても、調味料の保存状態が悪いときは劣化が早く進んでしまうことがあります。次のような状態になっていたら要注意!

みりん

  • 糖分が多いので低温だと白い結晶ができるがこれは問題ない
  • 温度が高いと茶色くなる
  • 変化が著しい場合は劣化しているので使用しない

しょうゆ

  • 開封すると酸化で劣化が進行する
  • 白いカビのような表面の膜は酵母の一種なので取り除けば使用できるが風味が落ちる
  • 加熱して使用したほうがいい

料理酒

  • 白くにごっている場合は空気中の雑菌が繁殖しているので使用しない

マヨネーズ

  • 0℃以下だと油が分離してしまう。元には戻せないし細菌が繁殖しやすくなる

保存状態が長くなると色や風味に影響が出やすくなるんですね。開封済みのものを早めに使い切るのはもちろんのこと、未開封の調味料もきちんとした方法で保存してできれば賞味期限内においしく使いたいですね。

4.賞味期限を過ぎた調味料の捨て方

賞味期限が切れたり劣化して使えなくなった調味料はどう処分したらいいでしょうか?
味噌汁1杯を川に流したとき、魚が住める状態にするには7000倍の量の水が必要なんだそうです。もちろん実際には生活排水は下水処理されますが、それでも元の水に戻るにはとても時間がかかるもの。そのままシンクに捨ててしまうことは避けましょう。
おすすめは「ビニール袋や牛乳パックに古紙や古布をつめて、そこに調味料をしみこませる方法」です。口を縛ったりガムテープで止めたりすると液だれや匂いもれの心配もなくなりますね。特に油は下水管を詰まらせてしまう原因にもなるので絶対にキッチンから捨てないこと。油は市販の処理剤を使って固めて捨てるのも簡単ですね。
中身を出したあとの容器はちゃんと洗い、お住まいの行政の指定どおりに分別して捨てましょう。ご不明な点があれば、役所などに電話して確認してみてくださいね。

5.賞味期限が切れた調味料の利用方法

賞味期限が切れてしまったり、劣化して使えなくなった調味料の次のような利用方法もありますよ。


:水で2倍から5倍に薄めたものをスプレー容器に入れる

  • 水垢・石鹸カスの汚れに吹き付けるだけでピカピカに。
  • 頑固な汚れはティッシュなどにしみこませて30分放置してから掃除
  • 三角コーナーや排水溝、使用後のお風呂場などにスプレーすると、殺菌効果でカビやぬめりを予防
  • 新聞紙などにスプレーしてゴミ箱に入れておくと消臭効果で生ゴミのにおいをおさえる

味噌
:風味が落ちた味噌は味噌床を作って野菜や魚を漬ける

〈材料〉
味噌…1カップ
酒…30ml
みりん…30ml

  • 材料を全て混ぜ合わせるだけ
  • お好みでしょうがやゆずなどで風味付けできる
  • 野菜や肉、魚や豆腐など1日~2日漬けるとおいしい味噌漬けの完成
  • *衛生上、野菜用と肉・魚用は分けてください。

その他の調味料ですと、賞味期限はありませんが塩も汚れ取りや消臭に役立ちます。しょうゆも火を入れれば長く使えるのでレシピを探してみてくださいね。

まとめ

調味料の賞味期限について疑問に思う

5つのこと

  1. 調味料の賞味期限はあるの?
  2. 賞味期限を過ぎても調味料は食べれる?
  3. 賞味期限とは関係ない調味料の捨て時のサイン
  4. 賞味期限を過ぎた調味料の捨て方
  5. 賞味期限が切れた調味料の利用方法

参考資料:公共財団法人 塩事業センター、ヤマサ醤油株式会社、ミツカン、宝酒造、キューピー、カゴメ、キッコーマン

あとがき

安いときについ買いだめしてしまったり、珍しい料理のときに買ったはいいけどその後の使いみちがなかったり、使わないまま長期間保存している調味料って結構ありますよね。無駄を出さないためには自分の消費量にあったサイズの製品を買って、開封後はしっかり冷蔵保存して、賞味期限チェックしながら期限内に使い切るようにすることが大事ですね。

COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。