一人暮らしで同棲を始めたら訪れる4つの結末

彼氏、彼女、どちらかでも一人暮らしをしていると、頻繁に泊まって半同棲の様になってしまうのではないでしょうか。好きな人と一緒にいたいと思うのは当たり前ですよね。けれど、もともと一人暮らしの目的で借りられた賃貸で半同棲、そして同棲にまで発展してしまうと不都合なことが起こってしまうのです。そんな4つの結末をご紹介します。



一人暮らしで同棲を始めたら訪れる

4つの結末

 

1.一人暮らし用のワンルームで同棲すると、喧嘩して別れる!?

好きな人と暮らすのは幸せで楽しいことですが、一人暮らし用のワンルームで二人が同棲するには難しいことがあるのも事実です。

  • 狭い空間ではお互いの良い部分が見える反面、嫌な部分もよく見えてしまう。
  • 一人用の空間に二人分の荷物が置かれていると狭苦しく感じてしまう。
  • 個人のスペースがほとんどなくなる。

などのことがあげられるかと思います。いくら相手を理解していても、狭い空間では思うようにいかないこともあるでしょう。すると次第に住みにくくなり、生活が上手くいかないことで喧嘩をするようになってしまうかもしれません。
せっかくの楽しい同棲が一人暮らし用の部屋に住むことで喧嘩、結果別れることになってしまうのは悲しい結末ですよね。

 

2.同棲をすると、他の一人暮らしの住人から苦情がくる!?

二人で暮らしていると、どうしても話声や物音は大きくなってしまいます。意識しないと気づきにくいですが、足音などの生活音は二倍になっているのです。ましてや一人暮らし用の部屋は壁が薄いことも多いので、音は隣の部屋に筒抜けになっているかもしれません。
一人で暮らしている側からすれば、二人暮らしの生活音や話声は迷惑に感じてしまうかもしれませんよね。するとそれが苦情や、迷惑の仕返しとして嫌がらせをされる原因になってしまうのです。

  • 壁を叩かれる。
  • 貼り紙をされる。
  • 文句を言われる。
  • 大家さんに申告し、大家さんから注意を受ける。

など、「壁を叩かれる」や「貼り紙をされる」は嫌がらせですが、されて気持ちいいものではありませんよね。あちら側にもこちら側にも一切いいことがないですし、隣人同士で険悪なムードになってしまうと生活し辛いですよね。一人暮らしの部屋で同棲すると、生活自体がしにくくなってしまうかもしれません。

 

3.同棲生活の最悪の結末は、強制退去!?

2で「大家さんから注意を受ける」とご紹介しましたが、注意を受けた時点で同棲していることが知られてしまいます。するとそこで問題になってくるのが、同棲が契約違反かもしれないということです。

  • そもそも一人暮らし用で借りている部屋は、契約自体が同居できないという内容になっていることもある。
  • 契約者以外の連泊を禁止している場合や、宿泊を許可していない場合もある。

契約書を読み込んでみると、同居に関してや契約者以外の宿泊について記載されていることが多いようです。これを見逃して同棲が発覚した場合、完全な契約違反になることがあり得るのです。

<強制退去の理由>

さらに、大家さんは他の住人の苦情や部屋の劣化を考え、契約内容によっては強制退去を言いわたす可能性もあります。

  • 一人暮らし用の物件に二人入居していると、入居者間の公平性を保ちにくくなるため。
  • 二人で使用すると、一人のときに比べ部屋の劣化が早いため。

などのようなことを大家さんは考慮しなければならないのです。

なので、まずはじめに契約内容を確認し、2人以上が入居できるかどうかを確認することが必要ですね。一人暮らしの部屋にスペースがあるからといって、勝手に同棲を始めるにはリスクが高すぎるかもしれません。

 

4.運よく優しい大家さんだと、一人暮らし部屋で同棲してもセーフ!?

強制退去についてご紹介しましたが、大家さんによっては一人暮らし用の部屋でも同棲を許可してくれる場合や、契約内容の見直しをしてくれる可能性もあります。けれどそれは、先ほどの苦情からの同棲発覚では難しいかもしれませんよね。そうなる前にしておきたいのが、

  • 契約内容を確認し、事前に大家さんに同棲したい旨を相談する。
    →もし契約の内容が不可でも、事前に相談してみることでトラブルを防ぐことができる。もしかしたら許可してもらえる可能性もある。

この作業を行うだけでトラブルにも発展しませんし、もし同棲ができなくても大家さんと良好な関係を続けることができます。頭ごなしに「契約だから」と言う大家さんではなく、話を聞いてくれる方ならば、話し合い次第で同棲は可能かもしれません。
同棲を隠すことで事態を悪化させてしまう可能性があるので、一人暮らし用として契約している部屋で同棲をするのはあまりよくないですね。この場合、同棲自体が悪いのではなく、契約違反であるということが問題なのです。

 

まとめ

一人暮らしで同棲を始めたら訪れる

4つの結末

  1. 一人暮らし用のワンルームで同棲すると、喧嘩して別れる!?
  2. 同棲をすると、他の一人暮らしの住人から苦情がくる!?
  3. 同棲生活の最悪の結末は、強制退去!?
  4. 運よく優しい大家さんだと、一人暮らし部屋で同棲してもセーフ!?

 

あとがき

以上4つをご紹介いたしましたが、一人暮らしをしている部屋で同棲するのはあまり良くないことのようです。お金を払って借りているから好きに使っていいというわけではなく、隣人や大家さんと良好な関係を築くことも大切なのかもしれません。一人用の部屋で二人がこそこそ暮らすよりも、住みやすい部屋で、住みやすい人間関係を築きながら楽しい同棲を送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


COZY LIFE

Writer at cozylife.jp
一人暮らし、二人暮らし、シェアハウス、セカンドライフ...etc. 快適な生活を送れるヒントをお届けします。