生活費が足りない時に借金しないための5つのヒント

毎日生活をしていると、急な出費などでどうしても生活費が足りなくて、借金をしなければいけないような状況になることがあります。
ですが、生活費が足りない状況で借金をすることは、さらに生活を苦しくすることに繋がります。
では、生活費が足りないときに借金をしない方法について、考えてみましょう。



生活費が足りない時に借金しないための

5つのヒント

 

1.生活費が足りないときには、食費を切り詰めて借金をしないようにする

まず、生活費が足りないときには、食費を切り詰めることで借金をしないですむようになります。
生活費の中で、固定費を削減するのは長期的な目で見ると、とても大きな節約になります。
ですが、今、生活費が足りないという状況であれば、固定費の削減をしても意味がありません。
では、どこから足りない分のお金を捻出するかというと、食費など、毎日の消費にかかるお金です。
食費や消耗品にかかるお金というのは、生活費の中でも大きな割合を占めています。
ですが、固定費と違ってすぐに節約をして削減することができる部分でもあるのです。
例えば、食品や消耗品を買うときに、自社ブランドの安いものを購入するなどすれば、それだけでも100円〜200円の節約になることもあります。
生活費が足りなくなったら、まずは手持ちのお金をいかに使わないで生活できるかと言うことに重点を置くべきです。
そのためにはまず、消耗品や食品にかかるお金を削減して、生活費を捻出することで借金を作らないようにできるのです。

 

2.借金をしないために収入を増やす

また、生活費が足りないからといって借金をしないようにするためには、収入を増やすことも1つの手段です。
日払いバイトやパソコンでできる在宅ワークなどは、短い日数でまとまったお金を手にすることが可能になります。
例えば、給料日まであと少しなのに、ちょっとだけ生活費が足りないという場合には、このような手段で収入を増やして生活費の足しにすることができるのです。
生活費が足りないという状況のとき、実際にいくら足りないのかということをまずは計算してみましょう。
そして、その金額はどうしたらすぐに稼ぐことが出来るのか、ということを考えてみてください。
1万円足りないのであれば、日払いバイトを1日2日行うことで稼ぐことが出来るかもしれません。
2週間程度の時間があるのであれば、パソコンを使った在宅ワークでも稼ぐことができます。
足りないお金を捻出するためには、借金をすることがベストではないのです。
生活費が足りないときに借金をするのではなく、収入を増やす方法で乗り切ってください。

 

3.生活費が足りないなら、少しずつでも節約して借金をしない

借金をしなくても生活費が足りない状況を乗り切るためには、まず、1日100円でもいいので節約をすることです。
毎日買い物に行っている主婦であれば、100円の節約はどうしたらいいのかということがすぐに分かると思います。
生活費が足りないときに、浪費は禁物です。
浪費をしなければ、確実に100円程度の節約は可能になるのです。
例えば、買い物に行ったついでに缶コーヒーを飲んで100円を使っているというときには、缶コーヒーをやめるだけで節約になり、その分を生活費に回すことが出来ます。
浪費というのは、お金がない時の一番の天敵です。
ですから、浪費をしないことが一番の節約になります。
本当に必要なものだけにお金をかけて、いらないものは買わないでおくことが大切なのです。
必要なものだけを購入するようになれば、毎日100円ではなく、もっと大きな金額の節約が可能になります。
毎日少しずつでも節約すると、生活費が足りないときでも借金をしないでよくなると思います。

 

4.足りない生活費の分は、借金をしないために貯金を切り崩す

足りない分の生活費を借金で賄うのではなく、貯金を崩すことでも補うことができます。
毎月貯金をしていて、ある程度の金額があるのであれば、借金をするよりもよっぽど有効です。
借金をすると、返済には「元金+利息」の金額が必要になります。
つまり、本当に必要だった金額以上の金額を返済しなければいけないので、損をしてしまうということです。
ですが、貯金を切り崩して生活をした場合、余裕があれば使ってしまった分の貯金額のみをもう一度貯金すればいいだけになるのです。
利息もかからなければ、余裕があるときに貯金をすればいいので、返済期日に悩むこともありません。
借金というのは、今、とても簡単に出来るようになっています。
ですが、借金をするということの精神的負担は変わらないのです。
だったら、足りない分は貯金を切り崩して生活をしていくことで、精神的な負担も軽減することができるのです。
生活費が足りないときには、借金をするのではなく、今ある貯金を切り崩して何とかしましょう。

 

5.公的資金を利用して、生活費が足りないときでも借金をしないようにする

貯金もなく、生活費が足りないときに借金をするというのは、悪循環の始まりになります。
そういうときには、迷わず公的資金を利用しましょう。
生活費が足りないけど貯金もない、というときに借金をする人はたくさんいます。
ですが、その返済をするとまた生活費が足りなくなるので、また借金をしなければいけない状況になります。
そんな状況になってしまうと、どうしても借りては返すの繰り返しになり、悪循環になってしまうのです。
こうなってしまった最悪のパターンでは、多重債務に陥ってしまう人もいます。
そうならないためには、まず、公的資金を利用することです。
慢性的に生活費が足りない状況であれば、市役所などに行って生活保護を申請することもできます。
生活保護以外にも、利用できる公的資金というのは多いので、生活費が足りないときにはとても助かる存在なのです。
公的資金を利用すると、貯金もなく、生活費が足りないときでも、借金をしないで済むのです。

 

まとめ

生活費が足りない時に借金しないための

5つのヒント

 

  1. 生活費が足りないときには、食費を切り詰めて借金をしないようにする
  2. 借金をしないために収入を増やす
  3. 生活費が足りないなら、少しずつでも節約して借金しない
  4. 足りない生活費の分は、借金をしないために貯金を切り崩す
  5. 公的資金を利用して、生活費が足りないときでも借金をしないようにする

 

編集後記

後々大きな負担になるのが、生活費が足りないときの借金です。
なので、なるべくなら借金をしないで生活するのが一番なのです。
生活費が足りないときには、借金をしなくてもいい方法を考えてみてください。

スポンサーリンク