手取り15万で100万円貯金する5つのヒント

手取り15万円の給料で、貯金をすることは可能だと思いますか?
現実問題として、15万円じゃ無理だろうと考える人がほとんどではないでしょうか。
でも実は、手取り15万円でも貯金をすることができるのですが、それは一体、どんな方法なのでしょうか。



手取り15万で100万円貯金する

5つのヒント

 

1.固定費を削減して、手取り15万円でも貯金をする

まず、手取り15万の給料で貯金をするためには、固定費を低く抑える工夫が必要になります。
毎月手元に入ってくるお金は同じで、その中から必ず支払わなければいけない金額というのは、どの家庭でも決まっています。
固定費を削減することは、それだけ余裕分のお金をふやすことにも繋がるので、貯金をするときの一番いい方法でもあるのです。
固定費というのは、家賃や光熱費、水道代などです。
毎月必ず支払わなければいけない、決まった金額のお金です。
携帯電話の代金も、固定費に入るかもしれません。
固定費を削減するときには、まず、家賃からカットしていきましょう。
水道代や光熱費は、コツコツ節約をするしかありません。
要らない電気はつけない、待機電力をカットするなどの方法を取って、コツコツ節約をしましょう。
家賃に関しては、手取り15万なら、ほどほどに安い物件で暮らすことをおすすめします。
15万円しかないのに、5万円の家賃だったら、貯金なんて到底無理な話なのです。
手取り15万で貯金がしたいなら、まずは固定費の削減をおすすめします。

 

2.貯金のためには、浪費と消費を区別する

貯金をするとき、手取り15万という金額は、実はあまり関係がないのです。
自分がどのように生活しているかで、貯金が出来るか出来ないかは決まってきます。
なので、30万円の手取りでも貯金が出来ない人は出来ないし、15万円でも出来る人は出来るのです。
その差は何なのかというと、浪費の差になります。
生活していくうえでお金を使うときには、浪費と消費の2種類に分けることが出来ます。
消費というのは、必ず必要になるというお金の使い方です。
浪費は、いわゆる無駄遣いです。
無駄遣いを減らすことで、その分を貯金できるとしたら、手取り15万でも貯金は可能なのです。
浪費と消費の違いというのは、「必ず必要なもの」と「何となく必要かもしれないもの」の違いです。
物を買うとき、「これは必ず必要だ」と思うものに関しては消費になります。
ですが、「みんな持ってるし、何となく必要になるかもしれない」と思って買ったものは、浪費なのです。
まずは浪費をなくすことから始めると、手取り15万でも貯金できると思いますよ。

 

3.最初に貯金をすると、手取り15万でも生活できる

まずは、貯めてから生活するサイクルをつくると、手取り15万でも貯金をしながら生活することができます。
毎月いくらの貯金がしたいか、というのは個人によって変わってきます。
毎月1万円という人もいれば、まずは5000円からという人もいます。
無理のない金額を設定した上で、給料を貰ったらまずは貯金をしましょう。
貯金をしてから、生活費を支払っていき、生活していくのです。
貯金の金額を決めるときには、固定費などの必ず必要なお金の分を除いた金額から算出することが大切になります。
例えば、固定費が10万円程度だとしたら、残りの5万円で食費などを賄うことになります。
ここには交際費なども含まれていますが、5万円で一人暮らしなら毎月1万円は貯金できるかもしれません。
最初に貯金をして、次に固定費などの支払いをして、残った分で生活するというサイクルを作りましょう。
そのサイクルがあれば、残った分が生活費になるので、手取り15万でも確実に貯金ができるのです。

 

4.手取り15万であるなら、貯金の目標額を決める

手取り15万でも貯金をしている人はいますが、そういう人は最初に目標を決めています。
例えば、「○ヶ月で○○円貯める」とか、「毎月○○円貯める」「○○を買う」という目標です。
人は、目標があると、頑張れる生き物なので、目標がない貯金よりははるかに大きな期待ができるのです。
ずっと欲しかったものを買うために貯金をするという人はたくさんいますが、それは手取りが30万円であろうと、15万円であろうと同じことなのです。
要するに、どれだけその目標に向かって頑張れるかということになってくるので、手取りの金額というのはあまり関係ないのです。
その目標を絶対に達成したいという思いがあれば、普段の生活の中でも十分に節約をしていくことが出来るでしょう。
その上で毎月の貯金の金額が少しずつ増えていけば、目標達成も近づいてくるのです。
貯金をするときに大切なのは、手取りの金額ではなく、具体的に絶対叶えたい目標をもつことなのです。
それがあれば、手取り15万でも貯金をしていくことができます。

 

5.貯金をする前に、まず手取り15万の内訳を見る

収支の内訳はしっかり把握しておくことが、手取り15万円で貯金するためには大切です。
家計簿をつけて、毎日いくら使ったか、というのは必ずチェックしておきます。
収支の内訳はとても重要で、ここから無駄遣いをチェックすることもでき、翌日の節約に繋がることもあるのです。
たとえば、お昼にコンビニでご飯を買って、ついでにお菓子を買ったときと、それが無駄だと気付いてご飯だけを買ったとき、お弁当を作るようになったときでは、1日あたりの生活費に大きな差が出てきます。
この差の分が、実は貯金の金額の差になってくるのです。
1日あたりの生活費を削減していくことができれば、毎日少しずつでも貯金をしていくことが出来ます。
小銭の貯金になってしまっても、それが積もり積もることで、大きな金額になっているというときもあるのです。
毎日毎日の収支をチェックして細かい無駄遣いをなくしていくと、手取り15万円だから貯金はできないと諦めずに済みそうですね。

 

まとめ

手取り15万で100万円貯金する

5つのヒント

  1. 固定費を削減して、手取り15万円でも貯金をする
  2. 貯金のためには、浪費と消費を区別する
  3. 最初に貯金をすると、手取り15万でも生活できる
  4. 手取り15万であるなら、貯金の目標額を決める
  5. 貯金をする前に、まず手取り15万の内訳を見る

編集後記

手取り15万で貯金は無理、という人は、まず生活を見直してみましょう。
そして、必要ないものを削除していくことで、15万円でも余裕のある生活をすることができます。
貯金をするとき、手取り15万円という金額は、実は関係がないのです。

スポンサーリンク